私たちは持続可能な発展を促進します

スカルネは持続可能性を実現するため、経済と環境の間で実行可能な手段を見つけると共に、地域社会と環境の連結を公正におこなうことに力を注いでいます。

私たちの目標は、利益集団の満足度と福祉を常に念頭におき、事業に必要な資材、エネルギー、水の消費量を可能な限り低くすることで環境への負荷を最小限に抑えことです。

私たちが目指すサステナビリティは3種類あります:文化(慣習)的サステナビリティ、実用的サステナビリティ、計画的サステナビリティ

スカルネは環境への取り組みにおいて、天然資源は再生可能ではないことを念頭におき、供給網において革新的科学技術を用いています。具体的な事業を通して、有機廃物をクリーンエネルギーに変換し、生産工程から産み出される副産物は自立発展の価値を加えられたバイオ製品となり大気、水、土壌の自然な状態を維持していきます。

持続可能な実践

総合廃棄物管理

私たちは他業種の基礎生産物となる肉粉、骨粉、血粉、獣脂などを加工する工場を持っています。

自動車産業の素材となる牛皮を加工します。

Residuals

持続可能な肥料管理

飼料場の肥料は有機肥料(堆肥とミミズ堆肥)となり、大気、水、土壌など環境への負荷を削減し、農業作物への化学肥料の使用を縮小します。

Manure

廃水管理

私たちは排出する廃水を100%処理します。規則に則し有機物質を減らすバイオロジカルな処置の方法を持っています。

私たちは処置を施した水の50%を灌漑路と緑地へ再利用します。

Residual Water

残余エネルギー

私たちの駐車場の地下には太陽電池があり、太陽熱温水器は処理加工区域に設置されています。

私たちはTIF施設内のライトをLEDに代え、ボイラーには天然ガスを配給します。

Residual Energy


ほこりと悪臭の削減

私たちは自動ウォータースプレーシステムを農場構内に設置し、季節や家畜たちの活動に合わせて散水実行時間を設定しています。食品工場内の浮流粒子を捉えるシステムもあります。

私たちのシステムはほこりがばらまくのを防ぎ、土壌の浸食を弱め、地質構造を改善し、水蒸気で二酸化炭素の影響を抑えます。

サステナビリティの指標

私たちは水、エネルギー、燃料、温室効果ガスの排気を示すメートル法の表示器を持ち、私たちの目的に沿った方法を定義し我々ができる環境維持の設置面積を知ることができます。

私たちは最も利用可能な科学技術(BAT)用いて世界基準と比較します。

Sustainability Indicators

リサイクリング

私たちは従業員に再利用可能な資材の分別習慣を養うよう奨励します。

私たちは認証された会社を通して利用不可な廃物を適切に処分します。



 
 

Recycling

持続可能な文化をつくる

スカルネでは消費者、従業員、地域社会と共に正しく活動することで世の中の複雑な事柄に最善の方法で取り組むことができます。

その為に私たちは活動と計画をデザインし、調和させ、適応して実行します。価値連鎖を計画的に協定できる相手を捜し、サステナビリティの文化を取り入れ、その実践をリードする企業として、持続可能な文化を会社の内側と外側の両方を促進する活動を行います。